タバコがまねくニコチン依存症!今すぐ禁煙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコは麻薬のようなもの

タバコは麻薬のようなものというよりは、麻薬といってよいでしょう。

ニコチン依存などの依存症が既に証明されています。

これが麻薬となっていないのは、単にビジネスとして利益を獲得していたのが、政府だからです。

タバコの依存は、依存すると、当人の意思ではどうにもなりません。

医学的治療を受けなければならない正真正銘の病気なのです。これは、麻薬の症状と全く同じと考えて良いはずです。

既にタバコをやめられない人が大勢いるという事を見ても、タバコがいかに依存度が高く、危険なのかが分かります。

タバコは、百害あって一利なしです。

そんなタバコを身体が欲するという事は、ニコチンに依存している証拠です。

身体に害のあるものを欲するというのは、身体に尋常ならざることが起きているという事の証明です。

タバコを吸わないと落ち着かない

ニコチン依存症になると、タバコを吸わないと心理的に落ち着かなくなります。そのため、タバコをやめられないという人は、極めて多いです。

これは既にタバコ依存が起きているという事が言えるでしょう。

当然、これは依存症の状態と考えて間違いありません。生活習慣の中に既にタバコが入り込んでいる状態で、心理的依存が生じているのです。

このような状態になれば、もう医学的治療をしなければならない段階と考えた方が良いかもしれません。

当人の意思でどうにかなるというのであれば、これは病院に行って治療をするしか無いでしょう。

依存症は既に立派な病気です。

さらに、言えば身体が既にタバコの害でさまざまなところに障害が起きています。

タバコによる病の一つには、神経の働きが正常に機能しないという事があるのです。

また、肺機能が低下したり、将来的に肺がんのリスクを伴います。

依存症になると、タバコを切らすことができないので、経済的な負担も大きいです。

タバコを吸っていてもお金はかかるので、禁煙治療にお金を使ったほうが良いと思えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。