薬剤性EDの怖さ

ED治療薬の不整脈、薄毛治療への影響

EDは多くの男性が悩まされている疾患です。ED治療に使用される医薬品として、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類が厚生労働省の承認を受けて、日本で使用されていますが、海外においてはさらに多くのED治療薬が存在します。これらは全て同じ作用機序を有しており、ホスホジエステラーゼ5を阻害することで、血管内のサイクリックGMP濃度を上昇させ、それによって血管が拡張し陰茎部への血液流入量が増え、勃起を引き起こしやすくなります。ただ、これらのED治療薬は飲み薬であるため、陰茎部だけでなく全身的に作用を及ぼします。そこで不整脈治療や薄毛治療に与える影響についてここでは解説します。
まず不整脈治療に関してですが、不整脈治療薬の中ではED治療薬と併用してはいけない薬があります。まず、バイアグラとレビトラでは、アンカロン(アミオダロン)という抗不整脈薬が併用してはいけないこととなっています。これはアンカロンの副作用であるQT間隔の延長を増強する可能性があるからです。またレビトラはアンカロンの他にもリスモダンなど多数の抗不整脈薬との併用が禁忌となっているので注意が必要です。しかしシアリスは併用禁忌となる抗不整脈薬はありません。
続いて薄毛治療に関してですが、薄毛治療薬の中にはED治療薬と同じく、ホスホジエステラーゼ5を阻害する薬があります。それはリアップです。しかし日本で販売されているリアップは外用薬であるため飲み薬と併用しても影響はほぼありません。それどころかED治療薬はリアップと同様に薄毛治療に効果を発揮する可能性すらあります。薄毛治療の飲み薬として有名なプロペシアとも併用が可能なので、両者の併用でさらに効果が上がる可能性もあるでしょう。