薬剤性EDの怖さ

EDで彼女に振られない為に

ED、勃起不全と言う症状自体は決して珍しいものではありません。
むしろ男性が年を重ねていけば多かれ少なかれEDのような種尾錠を感じるということは半ば当然のことでもあります。
しかしながらそれは年齢を重ねた場合の話であり、年齢を重ねる前の若い人にEDが見られたというような場合には何かの原因があるとして考えるべきでしょう。
放置していても治らないケースはかなり多くありますから、もしそうしたケースに該当してしまった場合にはEDが原因で彼女に振られるということもあり得ます。
では彼女に振られないためのED治療としてはどういったアプローチがあるのかと言うと、この場合まず最初に行うべきはカウセンリングなどメンタルケアを中心とした治療です。
EDの原因にはさまざまなことが考えられますが、若い人、特に大学生やそれよりも若い人と言うことになるとかなり高い確率でメンタルを原因として発症していることが考えられます。
「彼女に振られたくない」という気持ちや「上手く性行為ができない」という自信の喪失が勃起を妨げるということはよくあることですし、より重度なケースとしてはトラウマ、過去に女性に振られた経験や中絶をさせた経験が原因になっていることがあります。
ただこうしたメンタル面に関しては適切なケアを受け、必要に応じて抗不安薬などを服用していけば大部分が改善できるものとなっているのです。
中には高血圧などの病気が引き金になっていることもありますから過信は禁物ですが、高血圧の兆候が無く、また前立腺がんなどの兆候も見られないと言うようであればメンタルケアでかなりの改善を期待することができます。
「EDで病院に行くのは恥ずかしい」という言葉もよく耳にしますがEDは病気の一種です。
病気を治しに病院に行くのであればそれは恥ずかしいことでも何でもない当然のことですから、まずは最寄りのクリニックを探して予約を取るようにしましょう。