薬剤性EDの怖さ

彼氏のED治療薬探している人に・薬は半分でも良い

彼氏がED(勃起障害)を患っているというパートナーの女性もいるかもしれません。ED患者は年齢とともに増えますが、最近では若い患者の数も増えています。
若い患者の数が増えている理由は、生活習慣病が増えたことと、精神的なストレスを抱える人が増えているからです。食事の欧米化によって、日本人の食生活は以前よりも脂っこいものに偏っています。また、体を冷やす食品が多くなったことで、冷え性になる男性も増えています。
さらに、精神的なストレスを感じやすい社会背景も影響しています。学校、職場、家庭、などどこであっても気持ちが休まらない場合には、ストレスは溜まるばかりです。うまく息抜きできる人ならば良いですが、真面目すぎるとうまく息抜きすることも出来ません。
もし彼氏が真面目で息抜きできないタイプならば、年齢が若くてもEDに気をつけたほうが良いです。ストレスが原因で起こるのは、心因性EDと呼ばれています。ストレスの他に、男性器のコンプレックス、自信喪失、過去のトラウマ、などが原因で起こるケースもあります。
彼氏が元気がなくなんとか回復させてあげたいと思ってるのならば、ED治療薬を使う方法があります。今までは血行障害などの器質性のEDにしか効かないと言われてきましたが、最近では心因性の症状にも良い影響をもたらすことが報告されています。
治療薬を使う場合、1錠を半分にして使っても良いです。半分にするための専用のピルカッターも売っています。日本人は欧米人に比べると体が小さいので、欧米人向けに開発された治療薬は半分で十分なことも多いです。有効成分が多めのものを選んで半分にして飲めば、薬の費用を節約することができます。