薬剤性EDの怖さ

薬の作用でEDになる危険性

ED診療ガイドラインでは、EDを引き起こす可能性のある薬として、以下のような薬を連載しています。
降圧剤、抗うつ剤、抗精神病剤、抗てんかん剤、睡眠剤、抗潰瘍剤、抗男性ホルモン剤、脂質異常症治療薬、です。
報告が多いのは、降圧剤と抗うつ剤によるEDです。
降圧剤は心臓に負担をかけないように血圧を下げる働きがあるので、その影響でペニスへの血流が低下してEDになる危険性があります。ただし、高血圧の人は動脈硬化を起こしやすいので、そのせいでEDが起きている可能性もあります。降圧剤を使っている場合には、薬剤性のEDの可能性もあることを考慮しておくと良いでしょう。
抗うつ剤はEDとの関わりがかなり高いです。抗うつ剤の他に、精神安定剤、向精神薬なども同じようなリスクがあります。
一般的にはうつ病のせいで性行為をしたい気持ちが萎えることが原因と考えられてきましたが、薬の影響で症状があらわれていることもあります。うつ状態では性行為の回数も減るので気付きにくいですが、抗うつ剤の効果で少しうつ症状が解消されてきた時にEDに気づくことがあります。
なぜ薬剤性の症状が起こるのかというと、セロトニンの濃度が増加するからです。うつ病はセロトニンの量が少なくなるので、それを補うために薬が使われます。セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンといった興奮に関わる神経系の働きを阻害する作用があるため、性的興奮の信号が伝わらなくなり、症状が起こります。また、セロトニンが増加するとオーガズムや射精の遅延が起こるのも理由とされています。
向精神薬や精神安定剤の中には性欲低下を引き起こす高プラクチン血症になりやすい薬もあるので、薬剤性の症状があらわれる危険性があります。

■勃起不全で治療情報はこちら
ED治療
■話題のED治療薬
メガリス
■定番で有名なED治療薬を購入する
バイアグラは通販で手軽に購入可能